品質

製品づくりにおいて、質の高い製品をよりローコストで生産することもメーカーの重要な使命です。矢島工業(株)では、現状に安住することなく、常にお客様の要求に応えるクオリティ・コスト、そしてデリバリーを実現する生産・管理システムを追求しつづけています。例えば、生産面ではハンドリングロボットを活用したフレキシブルラインで、生産の無人化を徹底的に推進。管理面では、TPM(Total Products Management)をはじめとした最新の管理手法でムダを最小限に抑えるとともに、不良品ゼロを目指した厳しい品質管理を実施しています。

この管理システムも重要なのですが、それらに携わる人の「品質を向上させる」という気持ちも重要です。これらを満足させる為、国際品質規格のISO/TS16949を取得し、全社員への教育も徹底しております。個々の品質向上の為の改善案などにも積極的に取り入れ、すべてにおいてお客様に安心していただける製品作りを展開しております。
ISO証書
ISO9001登録証書
※矢島工業㈱本社工場にて認証取得

品質方針

  1. ISO9001及びISO/TS16949規格に基づいて構築した品質マネジメントシステムにより品質改善活動を積極的に推進します。
  2. 品質に影響を与える要因を的確に把握し、品質マネジメントシステムの有効性と継続的改善に取り組みます。
  3. 前期の実績に基づいて半期ごとに具体的な品質改善重点取り組み項目を設定し活動を進めます。
  4. 品質関連法規、顧客との協定、その他受け入れを決めた要求事項及び自主基準(規定・要領等)を順守します。
  5. この品質方針に整合した品質目的・目標を設定し、全社員をあげて品質マネジメントを効果的に運用します。
    また、品質目的・目標は定期的に見直しを行います。
  6. 品質方針は文書化し維持し、全社員に配布し周知徹底する共に、取引先へ周知し理解と協力を要請します。