自動車部品加工

緻密な生産設計と厳重な品質管理

金属加工というジャンルの中でも、矢島工業(株)が最も得意とするのは、プレス加工の分野。
プレス加工は金属薄板を成形、切断する生産手法です。
この加工方法は、他の加工方法に比べて、使用で切る材料の種類・成形加工性および寸法精度の確保等厳しい条件が伴います。
長年にわたり、自動車の重要部品等の機能パーツの生産とそのアッセンブリで高度な技術を蓄積してきた矢島工業(株)では、個々で必要となる緻密な生産設計をする事において多種多様のノウハウを有しております。
矢島工業(株)では、常に高品質な部品を目指して、部品の設計から製造までを行っております。

緻密な生産設計と厳重な品質管理

12,000kNブランキングサーボプレス機 実証評価設備
12,000kNブランキングサーボプレス機 実証評価設備(左から、三次元計測装置/超音波探傷試験装置/万能材料試験機/プラズマ発生装置)
15000kNトランスファープレス 多品種フレキシブルライン(集積行程) 1500kNプレスライン ロボット溶接ライン
15,000kNトランスファープレス 多品種フレキシブルライン(集積行程) 1500kNプレスライン ロボット溶接ライン
設備情報はこちら

主な自動車向け板金製品

車体板金部品・ルーフ周り部品

主な搬送・建設特殊車両板金製品

主な搬送・建設特殊車両板金製品イメージ