研究開発事業

地球温暖化防止に代表される環境意識の高まりは、グローバルな認識となり燃費性能の向上やCO2の削減に関する画期的な技術開発の確立が重要な課題とされています。自動車部品にはプレス加工部品が多く使用され高張力鋼板に代表される高強度材料の使用やプラスチック・アルミニウムといった材料置換による軽量化が実用化されています。更には、マグネシウム材料や炭素繊維材料といった新素材の提案が全世界規模で行われています。矢島工業(株)では、そのニーズを先取りし工場の環境改善や車両の軽量化によるCO2排出削減に、精力的に取り組んでいます。