HY

ニーズに迅速に対応するための社内体制

CAD

3次元CADで意欲的な製品開発

 矢島工業はこれまでに蓄積してきた技術をベースにして、製品開発にも力を入れています。クライアントの皆様の、こういう物を作りたいという構想をお聞きして、それを矢島工業がゼロから開発・設計していきます。

 開発には、3次元のCAN/CAMシステムを導入。当面は”パーツからユニットへ”をめざした開発体制を早急につくりあげ、将来的には自動車以外の分野にも進出ししたいと考えています。 また、製品の生産管理は、すべてコンピュータ生産管理システム・SPS(スバルプロダクションシステム)を使用。このシステムの利用で省人化が進み、30%のコスト削減が可能になりました。 このシステムの導入により、矢島工業は、より効率的な生産を可能としたのです。

Kata

徹底した製品管理

 金属プレス加工は、精密面での精密さが要求され、自動車部品は、自動車と言う特性上、耐久性も要求されます。そこで矢島工業では、すね日頃から製品の徹底した製品管理を行うため、特別に検査室を設けて、しんちょう厳重なチェックを繰り返し低ます。

| 矢島工業メインページ | 自動車部品加工事業1 | 自動車部品加工事業2 |

| 特別車輌事業 | 人材育成福利厚生施設 | 社員募集 |

 Copyright(C)1998 Yajima.Co.,Ltd